これから看護師の年収はどうなっていくだろうと予想

「看護師 年収」 についてインターネットで調べてみて、思ったことは実際「看護師 年収」についてたくさんの情報をインターネットで検索できることと「看護師 年収」の実態について理解することが出来て良かったなと思う事です。

看護師さんは病院などで私たちがお世話になっている方々です。人生、一度も病院に行かない人はいないでしょうから、必ずどこかでお世話になっている人たちです。夜も昼も関係なく、患者さんのために働いてくれている人たちです。看護師さんがいなければ、病院は回らないわけですから、看護師さんになってくれる人がいることはありがたいことなんだなと思います。

専門職ですから、やはり平成22年度の年収平均469万円は妥当な給料だと思いました。ではこれから看護師さんの給料はどうなっていくか、私は高齢者が増えて、医療費が増える分だけ年収は下がると思います。でも看護師さんの需要は増えると思います。

労働人口も減る中で看護師さんは減るでしょうけど、看護師になる人はいなくならないけど減ると思います。安定的な仕事としての人気は衰えないと思います。

そして将来は必ず高齢社会を迎えるので、看護師の需要は増えると思います。医療費用パンクで看護師の給料は下がる。

少ない日本人看護師の人材を巡って戦いみたいな物が起きると思います。だいたいの人材は労働条件のいい都会などに働きに行くと思います。都会では看護師が足りていると思います。そして田舎などは看護師を確保できず、海外から看護師の補充を試みると思います。

田舎の山奥の病院に行ったら、金髪美人のロシア人の看護師さんがいたなどということもあり得ると思います。看護師の開国ですね。

看護師と准看護師の年収の違いについて

「看護師 年収」についてずっとブログの記事を書いています。「看護師 年収」とインターネットで調べていて気になったのが、「準看護師の 年収」と「看護師 の年収」の差はどれくらいあるのだろうか?と言うことです。 

准看護師は看護師のアシスタントのような立場なのでしょうか?国の免許ではなく、都道府県知事が出す免許の免許です。
仕事の内容は割と同じであると依然聞いた事があります。

さっそく「看護師 年収」で調べてみたら、出てきました、「看護師の 年収」、看護師より平均の年収は随分低いです。看護師の年収が平成22年度で469万円だったのに対して、准看護師の平均年収は398万円でした。男女の比率も看護師同様、約90%が女子で残りが男子でした、そして年収でも女性の看護師は399万円、男性は386万円でした。

決して年収の低い職業ではないでしょうけど、看護婦同様の責任ある仕事であることを考えれば、准看護師の給料は低いかしら?と私は思いました。

この年収の差は実際に問題になっているようですけど、なかなか改善はされていないようです。年収の差の問題を見て、准看護師になる人も減ってきているのでしょうか?実際に准看護師になる人は年々減ってきているようです。

準看護師から看護師へのスキルアップをする人もいるようです。

看護の仕事にやりがいを感じている准看護師の人が看護師へのレベルアップをすることは准看護師と看護師の年収の差が現実としてあるなら、私はいいことだと思いました。

転職で年収はアップできるか?について

「看護師 年収」を検索しながら転職先を探している看護師さんの転職の理由の一つの中に転職をして年収をアップしたいからと思っている人も多いと思います。

「看護師 年収」とインターネットで検索してみたら、自分のもらっている給料、年収にすると平均からあまりにもかけ離れていると知ってしまったら。仕事場に満足をしていて、お金で買えない価値を職場に感じて、給料が安いままでも働き続けるか、「看護師 年収」と検索をしてしまって、年収の低さに驚き、転職を考えるか。二つに一つしかないと思います。

転職して年収アップをするためには看護師専門の転職サイトを上手に利用するといいみたいです。

インターネットを見ていくと沢山の転職サイトがあり、転職サイトを使って転職した看護師の体験談を読むと、
大手のところなどは本当に信頼が出来て、ハローワークよりもこまやかに転職のお手伝いをしてくれたと書いてありました。

いい人材を得るために病院もこのような転職サイトを支援しているのかもしれませんね。

少なくても、転職を希望している看護師さんが転職サイトに登録するのは無料だそうです。登録も比較的簡単で、
登録した後は優良の転職先なども見ることができるなどサービスもいいらしいです。

転職サイトに書かれている多くの就職先から年収、給料、労働条件などが今までより良いところを探せば、転職して年収アップは可能になるわけです。